🦄 今週のDeFiダイジェスト −7月4日週

Defierの皆さん、こんにちは。突然ですが、ギリシャ神話に登場する「コルヌコピア」は、大地に豊かな作物や恵みをもたらす角のこと。今週のDeFiでは、大小さまざまな出来事がありました。

ChainlinkとMakerDAOの対立については Owen Fernau がレポートしています。 Owenは、来月リリースされる待望のEthereumのアップグレードであるLondonについての最新情報も提供してくれています。今週は恐怖もありました。DeFiに氾濫する詐欺に関する Masha Prusso の挑発的エッセイは必読です。そして、不条理なこともありました。Dan Kahanは、かつてそして未来の Doge-killer ミームコインである $SHIB がいかにして復活し、ガス価格高騰の原因になっていたのかを解説。最後に、こんな家族向けのDeFiニュースプラットフォームにはふさわしくないような、CryptoPunks が関係する NFT についても...。

The Defiant のYouTubeチャンネルでは、Robin Schmidt氏をホストに迎え、初のセッション「Wagging the Tail」を開催しました。このセッションでは、アーティストやクリエイターのコミュニティとしてのNFTの長期的な存続可能性や、ハリウッドやBeatsのようなメジャーなプラットフォームについて、そして play-to-earn の明るい未来について議論されています。

NFTといえば、週の初めには、ゲストライターのArash Ghaemi氏による調査記事で、DeFiの複雑な二面性を探っています。技術やビジネスモデルの飛躍的な進歩が起こっているにも関わらず、なぜ暗号通貨の価格は低迷しているのでしょうか。一つの弱気市場と強気市場のサイクルなのか、あるいは市場サイクルの考え方は暗号通貨、特にDeFiには適用できないものなのでしょうか。Arashは、週末に読むのに最適な記事を書いてくれています。

今週の記事や分析のほんの一部を紹介しました、下にスクロールして、気になるリンクをクリックしてみてください!

お知らせ: 発行スケジュールを変更しました。ポッドキャストは毎週月曜日、ニュースレターは火曜日から金曜日の朝一番に発行することになりました。


オープンコミュニティは大きな勢いで広がっています。ぜひ購読し、この革命を見届けましょう!

購読すると、より詳しい情報や最新の動向をチェックすることができます。本家US版では、DAI(年間100ドル)か法定通貨(月間 15 ドル、年間 150 ドル)で支払うことができます。


Video

📺 ChainLinkGod vs MakerDAO - BEEF HANDBAGS A-GO-GO (sort of)

📺 Tuesday Tutorial: Partially Collateralized Options using Opyn

📺 Defiant Weekly: Is Ethereum REALLY ultra-sound money!?

📺 First Look: Railgun: The New Weapon in Privacy

📺 Jam Session No. 1: Wagging the Tail | WTF is buying this $#*% and will they be buying it in 2024?


Opinion

🦹🏻‍♂️ Crypto Scams are Out of Control, Again… Here’s How to Stop Them Forever

Masha Prussoはこのエッセイにて「ラグプル」「出口詐欺」その他のデジタル詐欺の裏の世界にメスを入れています。これらの詐欺はDeFi全体を危険にさらしており、阻止する必要があります。しかし、この課題を達成するための明確な道筋があります。記事では、それが詳しく解説されています。


限定コンテンツ #15

有料会員限定:限定コンテンツ(Inbox Dump) では、The Defiant に掲載されなかったアップデートやアナウンスを配信しています。また、過去のコンテンツや資金調達に関するまとめも掲載しており、これらの情報を 1 箇所でまとめて見ることができます。


金曜日

マーケット

ここ数日、イーサリアムのガス代がなぜ高くなっているのかを不思議に思っている Defier たちは、その原因を「犬」のせいにすることができます。SHIB のことです。

暗号資産の価格は過去 24 時間で下落し続けており、オープンファイナンスの主要指標である DeFi Pulse Index は 8.14 %の下落、ETH は 8.9 %の下落となりました。BTC も 6.1 %下落しています。

上級者向け

イーサリアムの Devcon 1 開催都市に由来する「London」と呼ばれるアップグレードでは、注目の改善提案が含まれています。EIP-1559 は、ブロックナンバー 12,965,000 で実装される予定です。順調に行けばこれは 8 月 4 日になることが予想されています。

CryptoPunks はそこに何を詰め込んでいるのか?これをインターネット上で公開しているのが、限定 NFT アバタープロジェクト「CryptoJunks」です。CryptoJunks では、CryptoPunks における頭と肩のアートを使って、パーツごとに一致する性器を作っています。

初心者向け

最初は美術品のオークションハウス、次にプロスポーツリーグ、そして AP通信 などのメディアが続きました。そして今度はイスラエルの大統領が、クリプト業界で最もエキゾチックなクリエイティブ作品である NFT を採用したメインストリームを牽引する人物となっています。

Sygnum は、世界で初めてイーサリアム2.0 のステーキングサービスを提供する銀行となりました。スイスに拠点を置くデジタル資産銀行の Sygnum は、顧客がイーサリアムを安全にステークできるようにサービスを提供します。Sygnum を通してステークしたイーサリアムは、年率 7 %の利回りを獲得することができます。

SushiSwap は近い将来に NFT プラットフォームを開発する予定です。イーサリアム上に開発されている DEX の SushiSwap は、貸出(Kashi)、アプリ利用(BentoBox)、イールドファーミング(Onsen)のためのプロトコルで、DeFi のためのワンストップサービスへと拡大しています。

Sushiswap にとって、7 月は大きなイベントが続きそうです。この AMM は、「MIRIN」と呼ばれる待望の v3 アップデートを 7 月 20 日にリリースする予定となっています。指値注文やマルチトークンによるイールドファーミングの強化、MEVプロテクション、刷新されたユーザーインターフェースなど、多数の新機能が実装される予定です。

その他リンク

木曜日

マーケット

Yearn Finance の創業者である Andre Cronje は、火曜日にクロスチェーントークン転送ツールである multichain.xyz のための新たな L2 ソリューションを発表し、Twitter 上で議論を巻き起こしました。

上級者向け

※日本語の翻訳記事はこちら

DeFi の世界では「オラクル」はギリシャ神話の預言者ではなく、従来のネットワークとブロックチェーンの間とでデータを渡す便利なツールを意味します。 そのオラクルを巡って、Chainlink と MakerDAO というこの分野の 2 大プレイヤーの論争が起こりました。

オピニオン
その他

水曜日

リサーチ

ETH の価格が下降傾向から横ばいとなっている状況が続く中、ポジティブなニュースが出てきています。現状は、私たちにとって買い増す段階なのか、それともネガティブ市場が始まっているのか... イーサリアムは過去 30 日間で 11 %下落し、5 月に到達した 4,357 ドルの高値から 46 %も急落しています。今月の安値であった 1,718 ドルからは徐々にと上昇し、現在は 2,300 ドル前後で取引されています。この状況で投資家が感じるのは、「強気相場が戻ってきたのか、それとも弱気サイクルが始まったのか」ということです。これを確かめるために、先月のオンチェーンデータを強気視点と弱気視点の両方から分析してみましょう。


火曜日

リサーチ

The Defiant YouTube でお馴染みの Robin Schmidt が、5 月に CoinDesk 主催の Consensus 2021 のために作ったスライドショーです。先週の金曜日、Schmidt はこのスライドショーを再びライブストリームで公開しました。


購読する

The Defiantは、オープンなブロックチェーン上に構築されている新しい金融システムである分散型金融(Decentralized Finance、DeFi)にフォーカスしたニュースレターです。DeFiエコシステムは日々急激に成長しており、テクノロジーとファイナンスに革命を起こしています。

購読すると、より詳しい情報や最新の動向をチェックすることができます。本家US版では、DAI(年間100ドル)か法定通貨(月間 15 ドル、年間 150 ドル)で支払うことができます。